快適な住まい

便利な住まいで安心な暮らし   TOP>快適な住まい

快適な住まい

快適な住まいのページ

スポンサードリンク
  おじいさん(祖父)は、石のような人でありました。
  お父さんはコンクリートのような人です。
  そして私は、木の香りがする人です。
  とは、私の結婚式の時の 披露宴の祝辞でいただいた言葉で
今でも私の心の中に強く残っている言葉であります。

  このページでは、私なりに、快適な住まいについてつづってみたいと思います。
  自然の力をうまく利用した住まいが世界中どこでも
最も快適な住まいの要素であることは言うまでもありません。
  自然素材を多く取り入れ、日当たり、自然の風、木陰の利用等、
安全で快適に住みたいものです。

  自然の木材には、室内の湿度を最適に保つ効果があり、
木の香りやマイナスイオンによる「癒し」効果があるといわれています。
  断熱性も高く、時がたてばたつほど味わい深くなるのも大きな特徴です。
  漆喰等の土素材や壁紙も自然効果があります。
  昔ながらの風合いがある上、調湿性が高く、消臭性があります。

  「木の家は300年」という言葉があるように、日本古来の伝統的な技術
によって建てられた古民家などは、300年あるいはそれ以上の長寿命であるといわれています。

  太い大黒柱を中心に小黒柱、柱や梁にも太いものが使われていて、
構造的にもシンプルであり、独立基礎のため通気性は抜群で、また、
腐りにくい木材を使用し軒は深く屋根に降った雨水は土に浸透していくように
自然に雨風をしのぎ快適に生活する為の工夫がなされています。

  遠い昔、いや、つい最近までこうしていたような気がする。
  幼い頃、太陽のひざしのもと、路地裏の一軒家にたどりついた。

  少し遠くで、たくさんの蝉の鳴き声がする。
  井戸水のポンプが目の前にあり、私は真っ先に井戸水のポンプを
上下に振り、出てくる水を口飲みした。

  深い軒に守られた縁側に腰をかける。
  おばあさんが出てきてカルピスをいれてくれる。
  涼しい。
  そばにおいてあるうちわであおぐ。
  時々風鈴の音がする。
  西瓜がでてくる。

  少し食べていたら、おじさんが裏の大工部屋より出てき
て「ああ、きとったん。卵たべるけ?」と言った。
  となりで、おばあさんが「そんなのすすめたらいかまいがな、
たべられんよ!」と言う。
  生卵に釘をさし穴をあけ、「産みたてじゃけん新しいけん
だいじょうぶじゃけん」とおじさんが目の前ですすり、もう一個釘をさし穴をあけ
「はい、すすっとおみ」とくれた。
  「元気つくよ」 わたしは、初めて卵をすすった。
おいしい。

  それから少し経って「もう帰るよ、ありがとう」こんな光景がうかんでくる。
  今は無くなっているが私の母の実家である。

  おじさんとキャッチボールをしたり、おばさんの切手収集したのを
見せてもらったりした記憶がついこの間のように新鮮によみがえる。
  皆で年末に餅つきをしたことなども思い出し、私にとって純粋な、そして、
一番大切なものであると今になって思っています。

  やはり、この辺が古民家独特の風情というか、何ともいえない
味わい深いもの、まさしくこれが木の香りそのものであると私は思います。
  人とともに生きている家、思いやり、思い出、代々と受け継がれる
伝統こそが、しかし、今はない鮮明焼きついて目の前から離れない光景。
  生きるという観点から見ると、住まいとは、
人間で最も大切なものかもしれません。

  現在でも、古民家式の家屋で生活している方は多いと思います。
  古民家再生等技術的にも現在では、多くのものがあり注目されています。

  人それぞれの生活観にマッチした住まいづくりで快適な住まいを、そして、時がたてばたつほど味わいがある快適な住まいに長く住みたいものです。
 
 
 リフォーム ホームプロ
 
 
スポンサードリンク
  

便利な住まいで安心な暮らし〜TOP

住まいの耐震と地盤

住まいの環境

快適な住まい

住まいの防犯と安心な暮らし

便利な住まいの玄関

便利な住まいの寝室

便利な住まいの台所

便利な住まいの浴室

便利な住まいの洗面室

便利な住まいの便所

断酒と禁煙

水からの贈り物

石の味

健康と癒し生活

プロフィール

 
スポンサードリンク
私流お部屋探し!全国のデザイナーズ賃貸物件ならココ!!

Copyright(C)便利な住まいで安心な暮らしAll Rights Reserved